シャープの太陽光発電のモジュールの工夫

取り付けをする際にはメーカーの検討をするでしょう。
シャープはモジュールの金額が安く、多く揃えることが出来るなど購入がしやすいと話をしました。
続いてそのほかにも特徴がありますので紹介をしていきたいと思います。
モジュールについてなのですが、どのような形をしていると思いますか?
四角い形をしていて、屋根などに取り付けをするというイメージを持たれている方も多いでしょう。
実際四角い形が一般的です。
しかし四角い形だけではなくて、三角形などの形もあるので覚えておいてほしいです。
なぜ色々形があるかということなのですが、例えば屋根に取り付けをする場合でしたら屋根にあわせて取り付けをする方がよいです。
なぜかというと、屋根にいっぱいいっぱい取り付けをすることが出来るからです。
四角い形を並べたところ、はしの方にスペースが余っているが四角い形をしているのではみ出てしまう。
結果はみ出ないように取り付けをするために、スペースを余らせてしまうことになるのです。
そこで三角形の形をしたモジュールをはしに取り付けをすることで、スペースを余りなく有意義に使うことが出来ます。
少しでも多く発電をするために、モジュールの取り付け方に工夫をすることが大切です。
この方角の屋根には太陽の光があたるので、めいいっぱい取り付けをすることで多くの発電をすることが出来るとすれば、
出来る限りスペースを余らせずにいっぱいいっぱいモジュールを取り付けしたいですね。
無駄がないということです。
また四角の形をしたモジュールですが、1種類だけではありません。
大きいものと小さいものとありますので、組み合わせて取り付けをすることが出来ます。
屋根の幅はお宅によってさまざまです。
はしのスペースについては、小さい四角の形をしたモジュールを取り付けすることでいっぱいいっぱい取り付けをすることが出来る場合があります。
太陽光発電の効率化をはかるための工夫された方法ですね。