オーダーメイド

南の方角など太陽の光があたりやすい屋根ですと、より多くのモジュールを取り付けをする方が効率が良いと考えられます。
あたる光の量が多ければ多いほど、沢山発電をすることが出来るからです。
そのためにも面積を広げるということが大切です。
モジュールの組み合わせについて話をしましたが、取り付けが出来るスペースは有効活用した方が良いです。
シャープは四角い形や三角形があり、組み合わせも自由となっています。
またさらに嬉しいのが1枚単位で指定をすることが出来ることです。
メーカーによっても異なりますが、例えば10枚単位ですとか単位が決まっていることがあります。
セットになっていることもあり、屋根の形にあわせて四角の形をしたモジュールが数枚とはしのスペースのために三角形のモジュールが2枚などがあげられます。
よくある長さの屋根、規格のサイズであれば問題はないでしょう。
しかし中には規格外の屋根もあることが考えられます。
その際には1枚1枚選ぶ方がスペースを余らせず取り付けをすることが出来るでしょう。
また屋根の向きなどによっても取り付けをする範囲を考えていくことになります。
それぞれのお宅で屋根の大きさや形、また取り付けをする範囲が異なるでしょう。
オーダーメイドとも言えます。
ホームページでも紹介がされていますが、より多くの範囲に取り付けをする方が発電量があがります。
1種類しかないため取り付けが出来ない範囲が出た場合と、
屋根いっぱいいっぱいに取り付けをした場合と発電量が異なります。
1日あたりの差はわずかでも、1か月や1年そして何年もたつことで大きな差になってきます。
また自宅で沢山発電をすることが出来るため、電力会社より電気を購入しなくてすむことも考えられます。
もし1種類しかないため、発電量が足りず電力会社から電気を購入することになればその分費用がかかってしまうことになります。
今後のことを考えて、太陽光発電の導入をしましょう。

a-34-5
コメントa-34-5