選択をする方法

屋根に取り付けをする場合ですが、複数の屋根にモジュールを取り付けをすることが考えられます。
南向きの屋根、東や西向きの屋根と最大3方向の屋根に取り付けをすることが多いでしょう。
そして屋根それぞれで発電の量が異なることが考えられます。
南向きが1番発電をすることが出来るでしょう。
太陽の光が沢山あたる方角なので、東や西と比べると発電の量が多いです。
そして次に午前中であれば東向きの屋根が多くなり、午後からは西向きの屋根が発電量が多くなるでしょう。
ではこの3方向についてなのですが、それぞれ発電の量が違ってもあわせて電気に変換をするとロスをしてしまうことが考えられます。
南は頑張って発電をしているのに、東や西にあわせて電気に変換をすると損ですね。
それぞれ最大限に発電をして、そして電気に変換をする方が沢山の電気を得ることが出来るのです。
そのためには3方向あわせて電気に変換をするのではなく、
1つ1つの屋根で発電をして変換をする方が良いでしょう。
太陽光発電のメーカーについて検討をする際には、それぞれの屋根の発電や電気の変換についても考えておくことをおすすめします。
例えばシャープであれば、それぞれの屋根ごとに発電や電気の変換をすることが出来ます。
そのため最大限に発電をすることが出来、ロスが少なくなることから沢山電気を手に入れることが出来るということです。
またせっかく立地条件がよく、沢山太陽の光があたるとしても電気の変換の方法によっては、
思っているよりもあまり発電をしないということも考えられます。
その1つの原因として、説明をしてきました電気の変換があるのです。
南、東、西それぞれ最大限に発電をすることが出来る環境を整えたいものです。
色々と導入をする際には考えることがありますが、電気が不足すれば電力会社より電気を購入することになる。
そして費用がかかってしまうということを念頭において、選択をしていくと良いでしょう。