経済的に優しく災害時にも役立ちます

太陽光発電のメリットのひとつは、経済的に優しいことです。
設置費用はかかりますが、太陽光発電で作った電気は自分の家で使うだけでなく、
余った分を電力会社に売ることも出来るので、
発電量によっては電気代を支払うことなく逆にお金がもらえることもあり、
最近では光熱費ゼロ円住宅というものも出てきています。
そして意外と知らない人も多いのが、
太陽光発電の場合、災害などで電気がこなくなった時でも、
ある程度なら電気が使えるということです。
地震や台風などといった災害の時に、
電線が切れて復旧に時間がかかるというニュースを耳にすることがあります。
そんな時に太陽光発電システムが自宅にあると、
「自立運転モード」に切り替えることで、そこから電気を使うことが出来ます。
もちろん太陽が出ている時間帯で、晴れていなければ使えませんし、
電力会社のような供給は出来ません。
しかも家庭のコンセントからではなく、非常用のコンセントからしか使えないそうで、
動かすことが出来る機器も限られているようです。
しかし少なからず電化製品に頼った暮らしている現代人にとって、
前触れもなく停電にあってしまった時に、
限定的にとはいえ電気が使えることは、
とても安心できますし、貴重なことではないでしょうか。
一方で太陽発電にも、気をつけるべき注意点がいくつかあります。
設置する値段が高いことや、設置場所によって発電効率が変わることなどです。
でもこれらの注意点は、きちんと知っていれば対処できることなので、
太陽光発電を上手に利用するコツは、
注意点に気をつけながら、メリットを最大限に生かすことだと思います。